意外な事実?!─キャバクラで流すBGMで売り上げをコントロール

キャバクラのコンセプトに合わせてBGMを流す

キャバクラの店内では、それぞれのお店が色んなBGMを流している。
あまりこだわりがないお店も少なくないが、実はキャバクラの売上を左右することもあるんだ。

何より大切なことは、お店のコンセプトに沿ったBGMをチョイスすること。
それを無視してBGMを流そうものなら、たちまちお客様も離れていってしまうね。

例えば、重厚な雰囲気の高級キャバクラでJ-POPを流しても、いったい何のお店なのか分からなくなる。
だからBGMにはこだわりたいところだね。

キャバクラは、お客様に非日常を楽しんでもらうためのお店だ。
その非日常空間を演出するためにBGMが一役買ってくれる。

キャストやお客様の気分を盛り上げる役割もある。
こうした側面を考え、お店で流すBGMを考えるのが大切だね。

邦楽をキャバクラで流さないのにはワケがあった

実は邦楽を流すキャバクラはほとんど無い。
何軒か通ってみると分かるけど、大半のお店は洋楽を中心にBGMを流してるんだよ。

お店のコンセプトによるけど、レゲエやヒップホップ、トランスあたりポピュラーかな。
高級店とかだと、ジャズやオーケストラなんかが中心だね。
ただ、パンクやロックをかけるお店は少なめ。

けど、邦楽を流さないのはなぜか?
実はいくつか理由がある。

・お客様との会話が妨げられる
・テンポやリズムが一定じゃない
・バラードからアニソンまで曲のテイストがバラバラ
・日常的に聞き慣れてるから”非日常”を演出できない

特に邦楽は嫌でも耳に入ってくるから、キャストとお客様の会話を妨げる要因が多い。
また、テイストがバラバラだし、聞き慣れてて非日常空間へ浸れない、という側面もある。
だからお店の雰囲気にも支障をきたす。だから邦楽は避けられる傾向があるんだよね。

しかし、一部のお店では邦楽を流してることがある。和がコンセプトのお店とか、アニメ・ゲームなどのコスプレキャバが当てはまるかな。
ただ、店舗の絶対数は少ないから、キャバクラは洋楽やジャズ、オーケストラが基本と考えるべきだね。

キャバクラのBGMと売上UPの関係

さて、キャバクラのBGMで売上を上げるにはどうするべきか?
かなり悩むところだけど、ポイントは3つある。

・付け回しの際はテンポが早めの曲を
・お客様の延長時間が近い場合はテンポがゆっくりした曲に
・落ち着きを演出するならピアノの曲かジャズをチョイス

これを試してみよう。
特に開店間もない頃はテンポが早い曲が良い。

フリーのお客様が多いから、付け回しの効率をアップできるし、キャスト・お客様双方の気分も盛り上がる。
また、開店から少し経ったら延長の時間に入るけど、その頃には少しゆったりした曲がいい。
お客様の滞在時間が増える可能性がある。

そして延長へ入ったら、BGMで落ち着きを演出してみよう。
ピアノの伴奏がある曲や、ジャズのようにリラックスできる曲が望ましい。
ゆったりキャストとの会話を楽しんでもらおう。

こんな風にBGMを使い分けると、お客様にご満足頂けて、お得意様になってもらえる可能性が高まる。
長い目で見てお店の売上が上がるから、BGMは時間帯に合わせて適宜変えていこう。